大阪府北摂エリアの健康をデザインするワイズトライン

MENU

ブログ
BLOG

IRONMAN Western Australiaへの挑戦③

レース前々日、バスにてバイクコース下見へ。大木並木が延々と続く平坦の道。バイクコースをしっかり確認し、頭に叩き込む。コース下見後は、IRONMAN EXPOに選手登録。EXPOにはIRONMAN SHOPが併設している。オープンと同時に売り切れるIRONMAN限定商品が並ぶ。今回のIRONMAN出場者が記されたTシャツやサイクルジャージ、ここでしか置いていないIRONMANバックやキャップ。限定IRONMANグッズに心が躍る。バッセルトンには「千と千尋の神隠し」にでてくる、海中列車のモデルとなったトロッコ列車がある。海の先まで2キロメートルの桟橋があり、海岸から海上ステーションまでトロッコ列車が走っている。12月のバッセルトンは暑すぎる事なく、市内散策にはとても快適なリゾート地。時間がゆったりと流れている優雅な街並みや透き通る海を満喫できるのもIRONMANの醍醐味の一つ。レース前日はAM7時よりレース会場にて、一周700メートルのコースで試泳。海も透きとおり、潜って目を開ければ、お魚が見える程。波も穏やかで日本ではなかなかみられないコンディション。その後はトランジッションバックやバイクのセッティング。バイクトランジッションでは、色とりどりのバイクが並ぶ。セッティング途中、シルベストサイクルさんと遭遇。レースについて情報共有し、明日のレース話に花を咲かす。日本から遠く離れたオーストラリア、顔馴染みのシルベストさんと改めて出会うと、なぜか嬉しい気持ちになると同時にとても感慨深いものがある。

IRONMAN Western Australiaへの挑戦②

オーストラリア出発日2-3日前より、バイクの梱包や旅行バックへの必要物品のパッケージなど、当日レースの流れをイメージし、何度も確認し、準備に念には念を入れました。梱包にはバイクポーター(Qbicle)を使用。運搬中にフレームが傷つかないよう梱包材で丁寧に包み、サドルやハンドル回りなど、同じポジションで組み立てれるようマーキングし、コンパクトにまとめました。出発日当日、伊丹空港→成田空港→パース空港のフライトプラン予定。伊丹空港での検査チェック。預け荷物のバイクポーター、重量制限23㎏以内でしたが、初回計測時、まさかの28㎏で5㎏オーバー。必要物品をメンバーに分配、不要物品をその場で廃棄。成田空港での国際線乗り継ぎ。ここでも手荷物検査にて、レース用の必須サプリを機内持ち込みバックに入れていたばかりに、100ml以上の水分持ち込み禁止規則で、空港職員による無情の大量サプリ廃棄。IRONMANへ行く際は、サプリはぜひ預け荷物に。パース空港までANAの直行便。9-10時間のフライト。室内設備も充実し、とても快適でした。パース空港到着後、バッセルトンへはバスで2-3時間での移動。大阪AM7時に出発し、バッセルトン市内ホテル到着はAM1時でした。

IRONMAN Western Australiaへの挑戦①

IRONMAN 西オーストラリア バッセルトンに向け、スタッフ4名が1年かけて準備し、挑戦してきました!IRONMAN出場決意より、一年間、トライアスロンレースやオープンウォーターなど計画的に出場し、経験を積み、練習に励んできました。普段の練習もほぼ毎日、スイムやバイク、ランのどれか一種目行うように致しました。しかし皆、普段の業務をこなしながらで、時間確保が課題なので、効率性を重視し、取り組みました!バイクはeスポーツサイクリングZWIFTを中心に、スイムは近隣の市民プール、間でTRXといったコアトレーニングを実施。時折、スタッフ全員でZWIFT→ランといったブリック練やプール→ZWIFT→ランといった模擬ミドルトライアスロンを行ったり、トライアスリートならではの練習にも励みました。そしてなにより継続する事が全てですが、一緒に取り組んでくれる仲間がいたからこそ、どんな時も継続して取り組み続けれたと思います!!

アイアンマン70.3セントレア知多半島ジャパン②

 予定どおりに4時起床。朝食を済ませスタート地点へ!体調は良いものの現地は予想どおりの雨、ただ昨日の様な強風がない分少しマシでした。スイムチェックも終わりいよいよスタート!雨の中のスタートでしたがまずまずの出だし。今年のコースは、去年スイムでアクシデントがあったために、安全確保のため半分で一旦陸へ上がり再び海へ戻るコースへと変更されていました。そのお陰もあり、スイム全体では昨年より4分縮めてバイクへ!しかし、ここからが今年は恐怖との闘いでした。雨の中のライドとなり、道も悪いため転倒やパンクがそこら中で起こってる!救急車も何台か通過・・・。セントレアは90°ターンや180°ターンが多く、路面にはかなり水も浮いていたのでほんとに神経を使うライドでした。結局昨年より2分しか短縮できずランへ。昨年は気温が高く脱水になりかけてやっとの事でゴールでしたが、今年は前半雨だったので、その分身体が良い具合に冷やされて足が攣る事もなく走り切れました。ランは30分以上縮める事が出来、タイムは5時間46分51秒(エイジ70/202)(全体402/1363)でした。

 帰りにバイクを確認したら、ドロドロだしサドルマウントのボトルゲージの左側のネジは無くなって片側だけでかろうじでサドルにぶら下がっている状態でした。なかなか大変な大会でしたがペース配分をコントロールする事が少しできたので、事故なく楽しみながら走りきることが出来ました。4戦目は琵琶湖のスプリントトライアスロン。ここ1ヶ月でショート1本、ミドル2本出場したので、少し休んでまた琵琶湖に備えます!

アイアンマン70.3セントレア知多半島ジャパン➀

 今年も「アイアンマン70.3セントレア知多半島ジャパン」に出場するためセントレア空港に行ってまいりました!昨年は家族できましたが、今年は私一人、選手登録と競技説明を受け、美味しい味噌煮込みうどんを食べ、バイクチェックインを受けるために新舞子マリンパークへ移動。今年もマセラッティがオフィシャルカーのようで高級感漂わせていました。現地はすごい雲が出ていて強風・・・明日がちょっと怖い・・・。無事にセッティングが終わり宿へ、明日の準備をして4時起きなので早めの就寝、明日の天気予報は雨・・・。

SERVICE

top