大阪府北摂エリアの健康をデザインするワイズトライン

MENU

明武館道場


明武館
田邊道場・池田道場

オリンピックでは日本のお家芸として常に注目され、日本武道の代名詞でもある「柔道」。柔道は、昔より競技としてだけでなく礼節を重んじることから健全な青少年育成に良いとされ、教育の場でもで取り入れられています。
明武館道場は、「精力最善活用」「自他共存共栄」の理念のもと、地域の子ども達の健全なる育成の場として、また、地域の健康づくりの場として活動しています。

社会で活躍するために必要なものを養う。

大正12年から続く柔道場

明武館田邊道場は、大正12年から続く大阪府下において最も古く北摂で唯一の町柔道場です。2019年には兵庫県丹波市に明武館池田道場を開設しました。
体力だけでなく精神力や礼節を身に付け、社会で活躍するために必要な人間力を養います。

経営者、医師、弁護士、警察官、日本を代表するトップアスリートなど、明武館田邊道場で学んだ多くの門下生が社会で活躍しています。

明武館出身のトップアスリート

川端 龍

2009
学生体重別 優勝
2010年
講道館杯 優勝
2011年
グランドスラム東京 2位
2013年
体重別 優勝

太田 晴奈
(自衛隊体育学校)

2009
インターハイ 優勝
2010年
金鷲旗 優勝
2011年
世界ジュニア 優勝
2012年
体重別 優勝

藤阪 太郎
(大阪府警察)

2015
学生体重別 優勝
2018年
講道館杯 優勝

藤阪 泰恒
(パーク24)

2014
インターハイ 優勝

2014年
ジュニア国際 優勝

2015年
全日本ジュニア 2位

2016年
学生体重別 2位
2017年
ユニバーシアード 優勝

医療系国家資格者による指導

達成感や自己肯定感を大切に

明武館の指導者は、柔道整復師、鍼灸師、理学療法士、言語聴覚士といった医療系国家資格者です。現役警察官もボランティア指導者として在籍しています。
お子様の安全性への配慮はもちろんのこと、発達特性を理解し、発達段階に合わせた指導を行っています。
お子様が「自分はできるんだ!!」という達成感や自己肯定感を持てるよう配慮し、「楽しいから頑張る!!」と思えるような指導を心掛けています。

明武館
館長
田邊 美彦
柔道整復師
柔道6段
明武館
副館長
田邊 道彦
柔道整復師
田邊道場
代表
田邊 智彦
柔道整復師
理学療法士
柔道5段
池田道場
代表
池田 剛
柔道整復師
鍼灸師
天理大学柔道部出身
柔道5段

池田剛先生の優勝が丹波新聞に掲載されました。

柔道5段の池田剛さん(36)=兵庫県丹波市氷上町横田=が、このほど愛媛県で開かれた柔道の全国大会「日本ベテランズ国際柔道大会」(日本マスターズ柔道協会主催)の35-39歳の60キロ以下級で初優勝を果たした。昨年は3位、今大会も強豪が出場する中、得意の試合運びで栄冠に輝いた。「去年は優勝できなかったので、リベンジが果たせた」と喜んでいる。

(詳細は丹波市版6月3日号)
インターネット記事はこちら

指導理念

01

『貴和似』(和をもって貴(とうと)しとする)

礼儀と節度・尊敬と思いやりの心をもって相手と接し、お互いに信頼できる仲間を増やし、仲良く過ごすことが大事である。柔道はどんな相手にも「礼に始まり礼に終わる。」

柔道の練習や試合を始めるとき(大人が子供と練習をする時でも)、相手に「お願いします。」と頭を下げて礼をして始め、終われば初心者が相手でも「ありがとうございました。」と礼をします。どうして自分より未熟な相手に対しても「お願いします。」「ありがとうございました。」と頭を下げて礼をするのでしょう?
それは、どんな相手であっても相手を一人の人間として、その人格を認め・尊重し、相手を務めてもらったことへの感謝の気持ちを頭を下げる「礼」で表しています。ただ頭を下げるだけでは技は上達しません。相手を人間として認めるから、真剣に「間合い」や「くずし(相手の姿勢をくずすこと)」が取れ、技を掛ける練習ができます。また、怪我をしない為の受身も練習することができます。自己も相手も向上します。そしてそこに人間愛に満ちた仲間ができて、人として信頼の和が形成されます。
明武館では、この和を大切にし、貴いものとして修業します。

02

『努必達』(努(つとむ)れば必ず達す)

努力すれば必ず目標に達することが出来る。夢を実現する為には相応の努力が必要である。夢(目標)が高ければ高いほど、より努力をしなければならない。

努力を重ねることで夢は必ず実現するのです。チャンスも努力を重ねている人のもとにやってきます。逆に努力をしない人または努力が足りない人にはチャンスも無ければ夢の現実もありません。道場の練習では、つらい練習や苦しい練習もあります。でもその先に素晴らしい夢(勝利)があり、達成感や充実感が味わえます。この事は人生の他の場面でも必ずめぐり合います。その時に「気持ちで負けない」「体力で負けない」強い心身を養い、それぞれの色々な夢を実現してもらいたいと思います。そのために、今の自分の限界に挑戦します。そしてその限界を「努力」と「達成感」で一歩一歩乗り越えることで夢を実現していきます。
この「努力」と「達成感」を道場での練習で身に付けます。

03

『窮神技』(神技を窮める)

「人間技ではない神業だね」と言われる程、自分の技をいろいろな面から磨きに磨こう。それには大変な努力が必要だが、挫けず、自分に負けず頑張ろう。その努力を続ければきっと報われる。

増々グローバル化する社会で、天然資源のない日本は、人が資源にならなければなりません。画一化・標準化できるものはどんどん人工知能がとって変わる。人に出来て人工知能に出来ないものが「神技」と言われます。
「ONLY ONE 神技」と言われるものを持つ方法を知っている人、努力の仕方を知り、その努力が出来る人を育てたいと考えます。

明武館道場のお問い合わせ先

田邊道場
代表:田邊智彦
TEL:090-9047-6229

池田道場
代表:池田剛
TEL:080-1514-2878

SERVICE

top